FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で半年。

「いのちのドングリプロジェクト」を始めてから、今日で半年となります。夏に向かおうとする緑のムンムンする6月から今や東北は紅葉の盛り。震災から8ヶ月と5日。
厳しい冬が到来する季節となりました。
東北の寒さはひとおうりではなく、しばれるのです。心もちじこまってしまいます。
先の見通しが立たず、電気代を節約し寒さを耐えています。
仮設住宅では、孤独死や自死が報道されています。
何とかならないのでしょうか!
日本の政治は、行政は被災者の苦しく絶望的な現状を本当に理解しているのでしょうか?
迅速な対応をしないで政局に明け暮れる政治家や平時の血の通わない縦割り行政に怒りさえ覚えます。

先般の、NHK夕方ネットワークをご覧になった被災者からの3つのメールをご紹介したいと思います。
【奥さんを亡くされた宮古の方】
先の震災(津波)で妻を亡くしました。子どもたちを学校に迎えに行った直後の惨事でした。一緒にいた子どもたちは奇跡的に助かりました。そして、皮肉なことに家は無事でした。家の中にあるもの、妻の使っていたもの、その他すべてが震災前のままなのですが、それがかえってつらいこの7ヶ月間でした。それでも3人の子どもと一緒に父子4人で何とかがんばっています。小学3年の三男が,あるとき「俺の頭の中には母さんの魂が入っているんだ!」といったことがあります。それぞれ、自分の胸に故人を思いながら,自分の今できることを淡々と一生懸命に行っている毎日です。遺骨はまだ納骨せず自宅に安置しています。そうした折、先日、NHKの番組で「いのちのどんぐり」のことを知りました。胸に思うだけでなく、ぬくもりを手に感じることができたら、きっと三人の子どもたちの力になるだろうなあと思いました。そして、私自身も…。できることならば、4人それぞれが手にすることができたら幸いだなあと思っていますが…。また、被災遺族ではありますが、自分もごくわずかではありますがプロジェクトへのカンパに参加したいと考えております。

【実家のご両親を亡くされた娘さん】
私は現在東京在住ですが、陸前高田出身で今回両親も実家も失ってしまいました。幸い身元は判明致しました事はありがたいと思っています。弟が県内におりますが事情があり、2人のお骨は母が安置されていたお寺に預かって頂いている状態です。また私は嫁いでいるため、両親に関しては祈ることしかできません。突然の別れ、最期の姿さえ見届ける事ができなかった事にただ虚しさを感じながらの毎日です。このプロジェクトを知り、ぜひにと思った次第です。11月20に葬儀をおこないます。今度の津波で近所の何十人もの顔見知りの人が亡くなりました。何ということでしょう。

【福島原発で】
東京電力社員。出張で福島出張中地震に遭遇。作業員の誘導をしていたが4号機地下を先輩社員と4号機地下を点検に入り津波で死去。広いところなのでなかなか見つからなかったが、東電の方は懸命に探してくださった。感謝している。

何ということでしょう。
お届けした「いのちのドングリ」が少しでもお役に立てればいいのですが・・。

非常時こそ、政治が頑張らなければいけません!
菅政権時代の無策、怠惰が復旧を遅らせ、希望の持てる将来設計、光を被災者に与えていません。
時間は取り戻すことはできません。
厳冬はそこまできています。

私は新政権、野田首相、細野大臣、平野大臣に大いに期待しています!
一刻も早く!被災地、被災者にもとに温かさと光を! お願いします!

他人事ではありません!自分ごととして捉えなければ!
被災者に責任はないのです!
こんな時こそ助け合わなければ!
「いのちのドングリ」はまだたくさんあります!
このプロジェクトは年内一杯です。
希望者はお電話ください!

支援のカンパもたくさん集まっています。
感謝、感謝です。

11/16山崎記




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山崎 譲二

Author:山崎 譲二
いのちのドングリプロジェクト
事業本部代表

セゾンのデベロッパー会社で21年。
独立してまちづくり事務所を13年。
全国のまちづくりに関わってた私が
父の死をきっかけに葬送や供養について考えざるをえなくなり
時代にあった供養を研究し、たどりついた結論。
それが「手元供養」でした。
新しい葬送文化を提唱し、博國屋を設立。9年の歳月が流れました。
’07年には、祥伝社新書から「手元供養のすすめ」を出版。
ありがたいことに、今では、色々な手元供養品が商品開発され
「手元供養」という言葉も定着してきました。

そんな中で起こったのが、
この度の東日本大震災です。
大切な人や家族を失ったご遺族の嘆き、悲しみを思うにつれ、
愛する方を亡くした方のために何かできないか?
すこしでも多くのご遺族のお手元に心の支えや癒しとなる
「偲びの対象」を届けられないかと考え、本プロジェクトを発願しました。

ドングリご希望の方やお問合せは下記までご連絡ください。
電話075-325-1515
fax075-315-3005
E-mail joji@hirokuniya.com

いのちのドングリ プロジェクト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム
「いのちのドングリ」を希望する方近県の拠点事務局、もしくは、下記のメールフォームにて本部事務局まで
ご連絡先、お電話番号をお知らせ下さい。
後ほど担当の者よりご連絡をさせていただきます。
プロジェクトへのご意見、お問い合わせ、その他メッセージもお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。